病気を未然に防ごう|更年期障害の原因を解説

ホルモンバランスの乱れ

ナース

親子で遺伝するのか

40代になると、様々な心身の不調が出てきます。内科や外科で検査をしても特に原因がわからない場合は、更年期障害の可能性があります。更年期障害は、エストロゲンというホルモンの減少が原因で起こる様々な心身の不調が現れます。男性もホルモンバランスの乱れで更年期障害になる人が年々増えていますが特に女性は更年期障害になりやすくいろいろな症状に悩まされることが多くなります。他の病気と同じように、更年期障害も遺伝するのではないかと不安になる人もいると思います。しかし、更年期障害は遺伝は全く関係ないのです。親が更年期障害がひどく大変な生活を送っているのを、見たり聞いたりすると自分もそうなるのではないかと不安になってしまいます。しかし、更年期障害を受け継ぐ遺伝子はなく、むしろ遺伝より生活環境などが関係している場合が多いのです。親子は、生まれた時から親の性格や環境を大きく受けて子供が成長するので、親の性格に似てしまったり、環境も同じような生活を送ってしまう人が多いのが原因です。親がもし更年期障害がひどい場合は、生活習慣や性格がどのような状態なのかを、しっかり把握して予防対策に役立てるとよいです。親が神経質でストレスをため込みやすい場合は、自分は、あまり深く考えないように生活することを心がけて普段からストレスを溜めない生活を送るようにすることが大切です。生活環境もホルモンバランスの乱れに大きく影響するので、疲れを溜めない・適度な運動・睡眠を十分にとることを大切に過ごすことによって、更年期障害を軽くする予防対策をするように気をつけます。また、これらの予防策を講じても、なかなか改善しない場合には、医療機関へ足を運びましょう。診察をして、漢方薬を処方してくれたり、点滴治療を行なってくれます。早めに治療を開始することで、症状が早く治まるでしょう。

症状を改善させるために

病院

女性は年を重ねると更年期障害を発症する場合があります。更年期障害の症状は様々で、軽度のものから重度のものまであります。病院を受診すると治療を受けることができます。ホルモンや漢方薬ご利用する方法、カウンセリングや生活指導などが行われています。

同じような症状がある

笑顔の女性

更年期障害と自律神経失調症は、同じようなだるさなどが出てきます。そのため中高齢の人などはどちらなのかわからないこともあるでしょう。基本的には異なる病気で原因も異なります。ですから治療も別の方法が必要になります。

多くの症状が発生します

看護師と患者

更年期に起こる更年期障害は、実に様々な症状があります。動悸や体のほてりなどと言う全身症状から、イライラや不安という精神的な症状まで様々なものがあります。専門の病院で治療する事が可能で、また症状に合わせた病院を選び診断してもらう事もできます。